10月12日西三河県民事務所@刈谷の『イクボスセミナー』に登壇します。

http://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/244723.pdf

昨年愛知県で作成した『イクボス取組事例集』に込めた思いをお話しする予定です。

働き方改革やイクボスの取り組みは、福利厚生の一環であったり、従業員に優しい取組みとは一線を画すものです。先ず、その組織が、成長戦略、企業戦略の一環として位置づける必要があります。その上で、組織内のもろもろと整合性を取るらなければなりません。『御社は何のためにこれを行っているのですか?』と言う問いに、『少子高齢化で~~』とか『政府が言っているので~~』ではNG。

今回は、資料を一新しました。また、山口一男シカゴ大教授の『ワークライフバランス』やREITIの論文、大湾秀雄東京大学教授のビジネススクールでの資料など、白川桃子氏や小室淑江氏の本も読み直し、より理解しやすい内容になるよう努めました。

今回は、企業戦略の一環としてしっかり位置付けられているトヨタ自動車さまの取り組みが聞けること、それを牽引しているトヨタ自動車堀川さまとのセッションも予定されており、今からワクワクしています。

参加費は無料です。お時間がある方は是非、ご参加下さい。